« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月29日 (水)

全国幹部研鑽会、全国大会

Img_523_3  東京調布の本部練成道場をメイン会場にして、全国14会場で4月27日に行われた白鳩会全国幹部研鑽会。

 28日には9会場で行われた相愛会・栄える会合同全国幹部研鑽会。
 

 そして本日29日、5会場で開催された青年会全国大会。

Img_5241


 3大会が3日間の日程をすべて終え、無事終了いたしました。

 全国各地から、そして全国各地にお集まりくださいました、白鳩会、相愛会、栄える会の幹部の皆さま、青年会の皆さま、ありがとうございました。

 3大会合せて、9810名の多くの皆さまが、平日のご多用な中お集まりくださいました。

 沢山の感動、喜び、出会い、発見など充実した時間を過ごされたことと思います。

Img_5244


 私も、ドキドキ緊張した3日間でしたが、何とか乗り切ることができ、ほっとしております。

 多くの皆さまのご愛念に感謝いたします。

 3大会の準備をしてくださいました皆さま、当日の運営にご活躍くださいました皆さま、様々な場面でご協力、ご活躍くださいました皆々さま、全ての皆さまに心から感謝いたします。
ありがとうございました。

| | コメント (10)

2015年4月20日 (月)

長坂子ども食堂

Img_5194 昨日の日曜日、長坂子ども食堂が開かれました。

 21人の子どもが参加してくれました。

 ほとんどが職員寮の子どもたちでしたが、外部のお子さんも2人か3人来てくださり、良かったです。

 宗教団体の職員寮での子ども食堂なので、参加すると勧誘されるのではとか、特別なものを出されるのかとか、偏見もあるようですが、普通と変わらないことをわかってもらうために、Img_5171


気長にコツコツとやっていければと思います。

 お料理する皆さんは、明るく和やかな雰囲気で、今回は余裕をもって準備ができたようです。

 12時近くになると何人くらい来てくれるかと、わくわく、ドキドキしながら待つのも、また楽しいことでした。

Img_5176


 献立は、春のロールキャベツ、筍と菜の花のバター、しょうゆ炒め、ワカメごはん、ジャガイモの彩団子でした。

 団子は子供たちが自分の好きな色の団子を串に刺して、みたらしをかけて作りました。

 この作業が、楽しかったです。

 Img_5178


子ども食堂の雰囲気をお伝えします。

 お箸置きも好評で、お手伝いの皆さんも、クラフト作りの会を開きたいと、いっておられました。

Img_5181

Img_5184

Img_5188

 

| | コメント (2)

2015年4月18日 (土)

長坂子ども食堂のお箸置き

Img_5152  今年1月から月一回、生長の家長坂寮の集会所で「子ども食堂」が開かれています。
 

 この食堂は、子どもたちの食のセーフティーネットの一助になればとの思いで、始められました。
 

 小学生から高校生までが、誰でも無料で昼食を食べることのできる場所です。
 Img_5153

 小さいお子さんもいるので、食器は割れないものでと考えた時に、木の食器はどうかということになり、山梨県の木で作られた食器を購入することになりました。
 

Img_5154


 調理は、長坂寮に住む職員の奥様方を中心にボランティアでしてくださっています。
 

 毎回、主に地元の食材を使って、季節感あふれる楽しい食事が作られています。
 

Img_5155


 美味しそうな料理を並べた時、お箸置きがあればと思いました。
 

 木のお箸置きはないかと探しましたが、良いものが見つかりませんでした。
 

Img_5159


 そこで思いついたのが、SNI(生長の家)クラフト倶楽部です。
 

 この倶楽部は、職員とその家族で構成されています。
 

Img_5165


 手作りが好きな人、得意な人、やってみたいと思っている人がメンバーになっていて、私も倶楽部員です。
 

 フェースブック上で、自分の作品を披露したり、オフィスの売店こもれびに出品もしています。
 

 Img_5168


昨年の秋行われた、自然の恵みフェスタでは大活躍した倶楽部です。
 

 大量生産、大量消費の高度消費型生活を当たり前としていた私たちですが、誰でも手で何かを作ることが好きなのではないか、また手作りすることで心の満足感や、物に対Img_5148


する考え方、自分の生活そのものも見直すきっかけになるのではないでしょうか。
 

 この倶楽部にはそんな効果があると、私は思っています。
 

 SNIクラフト倶楽部に呼びかけたら、すぐに8人の方が名乗り出てくださり、昨日64個の個性あふれる素敵な手作りのお箸置きが届けられました。
 

 みなさんの愛深い迅速なお応えに、心から感謝いたしました。
 

 子ども食堂が、ますます楽しく意義のあるものになっていくことと思います。
 

 個性的な作品の数々をご披露いたします。
 

 ほんとうにありがとうございました。
 

| | コメント (10)

2015年4月13日 (月)

金沢市に行ってきました

Img_5097 石川教区の講習会で、金沢市に行ってきました。
 

 金沢はちょうど桜が満開で、北陸新幹線の開業もあり、大変な賑わいでした。
 

 泊まったホテルも、外国人の宿泊客が多く、朝食会場では、英語やフランス語が飛び交っていました。
 

Img_5106


 今までにはなかった傾向です。
 

 新幹線開業以来、兼六園は二倍、金沢城公園は三倍の人出と土曜日の夕刊には書いてありました。
 

Img_5118


 特に週末はドタバタしていますと、ホテルのレストランの方は言っていました。
 

 石川県も、金沢に人口が集中し、朝のテレビ小説の舞台である輪島などは、人口減少、過疎化の悩みがあります。
 

 都市への人口集中で二極化が更に進むこの傾向は、人々の価値観が変わらないと解決は難しそうです。
 

 輪島塗、九谷焼、加賀料理、美しい家並み、日本文化の粋が集まる金沢ですが、これらの背後には石川県各地の奥深い文化が影響を与えたものもあるのでしょう。
 

Img_5122


 都会だけが賑わっても、それを支える地方が衰退すれば、都市の機能も上手くまわりません。
 

 そんなことを考えさせられた金沢の賑わいでした。
 

 講習会の控室には、ラナンキュラス、貝母百合などを個性的に飾っていただきました。
 

 石川教区の皆さま、お世話になりました。
 

 ありがとうございました。

| | コメント (4)

2015年4月 6日 (月)

米子市に行ってきました

Img_5040 鳥取教区の講習会で、米子市に行ってきました。
 

 米子市は鳥取県の西の端にあり、島根県との県境の市です。
 

 到着した土曜日は曇り空でしたが、米子の桜は満開でした。
 

Img_5047


 宿泊したホテルから約一キロのところに、境港につながる川か海に面した湊山公園という桜の名所があると地元の方からお聞きしました。
 

 米子には何度も来ていますが、桜の季節は初めてなので、公園まで散歩がてら出かけました。
 

Img_5072


 土曜日は桜祭りが行われていたようですが、私たちが行った4時ごろにはもう終わっていたようです。
 

 それでも公園には沢山の人がいました。
 


Img_5067_2


 家族連れやカップル、年配の方のグループなどがいて、露店も軒を連ねていました。
 

 この公園は広い敷地で、子どもが遊べる機関車などのある場所やサルのいる檻、児童会館のような施設もあり、地方都市の自然豊かな環境が、子供の成長には良い影響を与えるだろうとの印象を持ちました。
 

 朝からずっと乗り物に乗っていたので、約1時間ばかりの今年初めてのお花見は、良い運動になりました。

 米子の隣町、境港は水木しげるのふるさとで、このあたりは鬼太郎一色です。

Img_5069


 鬼太郎列車や水木しげるロードがあり、米子空港にも、空港の派出所にも鬼太郎一家がいました。
 

 講習会の控室には、濃い色の桜を飾っていただきました。
 

 忘れな草も新鮮でした。
 

 鳥取教区の皆さま、お世話になりました。
 ありがとうございました。

| | コメント (6)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »