« 春爛漫 | トップページ | 浜松市に行ってきました »

2015年5月18日 (月)

釧路市に行ってきました

Img_5374 釧路教区の講習会で、釧路にいってきました。

 日本で最も遅い桜が咲く教区ですが、それでも今年は例年より一週間くらい早く開花したそうで、今は八重桜が満開の時期を迎えていました。

 白樺の新芽も優しい葉っぱを広げ始め、さわやかな季節です。

 広大な緑の草原と、白い雲が浮かぶ広々とした青空は、本Img_5364


州では見られない大陸的な様相で、大らかな晴れ晴れとした気持ちになります。

 大泉より少し寒いかもしれないと思い、コートを持ってきたのは良かったです。

 朝夕の気温は同じくらいですが、昼間は風が冷たかったです。

 Img_5369


ちょうど北海道を寒気団が通過したのと重なったことも影響しました。

 町ではタンポポ、チューリップなどがようやく訪れた春を告げていました。

 釧路は太平洋に面しているので、北海道でも雪の少ないとImg_5380


ころですが、今年は一週間おきくらいに雪となり、厳しい冬を過ごされたようでした。

 釧路の中心市街地は空洞化していますが、港町釧路は清々しい透明感のある町という印象を持ちます。

 日曜日の朝刊に、釧路市郊外の「武佐(むさ)の森」でオオバナノエンレイソウが満開になったという記事を読みました。

Image6


 真っ白な三弁の可憐な花です。

 飛行機の出発まで時間があったので、寄ってもらいました。

 JR根室線の南側に広がる約140ヘクタールの里山で、元々は鉄道防雪林だったとのこと。

Image9


 ほとんど手つかずの自然が残り、見事な群生でした。

 ハルニレやニワトコ、シラカバの大樹が生い茂り、原生林のようで、妖精も出てくるのではと錯覚しそうなところでした。

 小さな湿地には、大きなミズバショウの花も咲いていました。

Img_5376


 北海道には、まだまだ未知の素晴らしい自然が残っているようです。

 講習会の控室には、ラッパ水仙とカイドウを飾っていただきました。

 釧路教区の皆さま、お世話になりました。

 ありがとうございました。

|

« 春爛漫 | トップページ | 浜松市に行ってきました »

コメント

日時計かと思ったら、日にあたる時計ですね。

投稿: 石山亜美 | 2015年5月19日 (火) 07:15

 合掌 ありがとうございます。
 去る5月17日(日)の釧路教区講習会にお越し戴き御指導いただきました事を心より感謝申し上げます。
 5月の釧路は風が冷たく、肌寒く感じますが、今年は桜の花が早咲きとなり、庭の宿根草も忘れずに咲き始めました。
 釧路にいながらまだ、武佐の森は行ったことがありません。教化部の皆さんと行ってみます。
 白鳩会活動については壮年層拡大と誌友会拡充、熟年層のパワーをいただいて、白鳩会運動を進めてまいります。本当にありがとうございました。         
                                         釧路教区連合会長 髙橋 三枝 拝

投稿: 髙橋 三枝 | 2015年5月19日 (火) 15:31

石山さん

 花時計だそうです。緑の部分が花で、季節によって植え替えられるそうです。

投稿: 谷口 純子 | 2015年5月21日 (木) 22:05

 高橋さん

 講習会でのご活躍、ありがとうございました。壮年の活躍が目立ち、心強く思いました。
 武佐の森、本当に素敵なところでした。
 是非出かけてみてください。

投稿: 谷口 純子 | 2015年5月21日 (木) 22:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 春爛漫 | トップページ | 浜松市に行ってきました »