« 全国幹部研鑽会、全国大会 | トップページ | 釧路市に行ってきました »

2015年5月 7日 (木)

春爛漫

Img_5246 全国幹部研鑽会、全国大会のため4月26日から29日まで東京に行っていました。

 29日の夜帰ってきて、翌朝庭を見たら、桜が咲き、落葉松が芽吹き、地上では去年の秋に植えたチューリップも開き、花盛りの春を迎えていました。

 冬の厳しい土地だけに、木々が芽吹き、花々が咲き出す季節の喜びは、ひとしおです。

 日本の冬は寒いですが、それでもほとんどの土地で、畑や庭に少しは緑を見ることができます。

 ところが八ヶ岳南麓の標高1200メートルの土地では、冬に見ることのできる緑はもっぱら松とイチイ、モミの木、ヒノキ、杉などのややくすんだ緑だけです。

Img_5253_2



 地面は死んだように枯れ草と灰褐色です。

 ですから、小さな緑の草の芽が出てくると、不思議な気がして、やはり生きていたのかとうれしくなります。

 春になり草花が芽を出すのは当たり前のことなのですが、Img_5256


想像はできても実際に目に見ないとなかなか実感できません。

 繰り返される季節の巡りを、毎回初めてのことのように喜べるのは、そんな私たちの感覚から来るのだと改めて思いました。

 4月は幹部研鑽会の準備等に明け暮れる日々だったので、Img_5272


ゴールデンウィークは、庭仕事に励みました。

 遅霜の心配がある地域ですが、レタス、ブロッコリー、カリフラワー、ルッコラなどの苗を植えました。

 大泉駅前のパノラマ市場(地産地消の会)で売られています。

Img_5261_2





 ホームセンターなどのとは違い、地元の農家の方が無農薬、無化学肥料で育てた苗なので、安心です。

 野菜の種は、もう少し暖かくなってから植えようと思っています。

Img_5265


 家に籠ることの多かった冬でしたが、これからの季節は私も体を動かして、鍬を持ったり、自転車に乗ろうと思っています。

 山菜採りの道すがら摘んだよもぎで、草餅を作りました。

 家で作った草餅は、飛び切りのおいしさでした。

 毎日様々な発見があり、わくわくする季節です。

 薄緑の森の中には、誰が植えたのでもない山桜が沢山あります。

 それは眺めているだけで、心が満たされる風景ですが、しかし、いつかどこかでこんな景色を知っていたという不思議な感覚にとらわれます。

 もしかしたら、楽園のイメージにつながるのかもしれません。

|

« 全国幹部研鑽会、全国大会 | トップページ | 釧路市に行ってきました »

コメント

谷口純子先生
 合掌 ありがとうございます。

 かわいいチューリップのブログありがとうございます。いきいきしています。
草餅もおいしそうです。
  
   ありがとうございます。

投稿: 山本 順子 | 2015年5月 7日 (木) 17:52

合掌 ありがとうございます。

   今年も、チューリップが綺麗に咲きましたね!!   
   山桜も素敵です。

   色とりどりのお花で、華やかですね!!

   純子先生、そちらでは「都忘れ」は如何でしょうか?
   原宿のお庭には、ピンクの都忘れが優勢で、沢山咲いていましたですね。
   (懐かしく思い出します。)

   畑仕事は、心和まれ、癒やされることでしょうね。 
   私は、住まいのマンションの草取り(年2回)が、畑仕事のような感じです。

   新鮮なヨモギの草餅、本当に美味しそうです!!

   
   春爛漫のご様子を、ご掲載くださり、ありがとうございましたm(_ _)m
   心ほのぼのとさせていただきましたm(_ _)m

            安東孝子拝

投稿: 安東孝子 | 2015年5月 8日 (金) 14:26

山本さん

 ありがとうございます。
 この季節のチューリップは、心を浮き立たせてくれますね。そろそろ終わりですが。

投稿: 谷口 純子 | 2015年5月10日 (日) 05:56

 安東さん

 こちらでも、都忘れは冬の厳しい寒さにも耐えて、生き延びています。
 ただ、新芽を鹿が食べてしまうことがあるので、気を付けています。
 必ず春には、地面から出てくるので、うれしいです。

投稿: 谷口 純子 | 2015年5月10日 (日) 06:00

合掌ありがとうございます。
全国幹部研鑽会でのご指導も本当にありがとうございました。(親子室にて受講させて頂きました。)
ご指導頂いた事を毎日の生活の中で実践せねば、と日々考えていますが、白鳩会の方で畑を借りて下さったので、初めての畑作り(子供の頃、手伝いはしていましたが)に挑戦しています。大都会のど真ん中で農作業、あの渋谷のスクランブル交差点を渡るので、畑仕事に向かう自分がおもしろく尊く思えます。畑仲間の方々との交流も楽しく、裏通りに面しているので、皆、不思議そうに見ながら通られます。先日「何を作ってるんですか?」と話しかけてこられたご夫婦は鹿児島からのご旅行だそうで話に花が咲きました。この畑を通じて様々なムスビの世界が展開されていく予感でワクワクです。
ありがとうございます。

菊池 光珂 拝

投稿: 菊池 光珂 | 2015年5月14日 (木) 05:16

菊池さん

 渋谷のスクランブル交差点を通っていく畑ってどこですか。夫と考えましたが、思い当たるところがありませんでした。
 畑仕事は、楽しいですね。
 芽が出たとき、大きくなっていくとき、そして収穫するとき、ずっとわくわくして、最後は味わえるのですから、最高です。
 充実の菜園生活を。

投稿: 谷口 純子 | 2015年5月21日 (木) 22:22

合掌ありがとうございます。
東1丁目区民菜園、明治通り、並木橋の一本裏の通りに面した所です。抽選で見事当たりました!使用料は月千円。約3年間お借りします。
東急百貨店の屋上に園芸店があり、近いのでとりあえずそこで苗と種を仕入れましたが、ほうれん草の種は青く、トウモロコシの種は真っ赤、後で調べてみたら消毒剤とのこと。今回はこれを使いましたが、次、植えるときはパノラマ市場のような所でぜひ仕入れたいと思います。今回の畑作りへの挑戦を、一番驚き、喜んでいるのは野菜作りの師匠でもあります実家の両親です。「畑を持って知る親の恩」いまだに沢山のお米や野菜を送って下さる両親への感謝も込めて、励んでまいります。ありがとうございます。

投稿: 菊池 光珂 | 2015年5月24日 (日) 23:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 全国幹部研鑽会、全国大会 | トップページ | 釧路市に行ってきました »