« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月30日 (日)

室蘭市に行ってきました

Img_5795 室蘭教区の講習会で、室蘭市に行ってきました。

 今回初めて、松本空港を利用して、千歳まできました。

 松本空港は、小淵沢から、塩尻まであずさで約30分、塩尻からは車で20分の距離にあります。

 新宿まで出て、羽田から行くことを考えるとずいぶん時間の短縮になります。

Img_5821


 昨年は適当な時間の千歳便がなかったので、使えませんでしたが、今年は松本、12時30分発の便があったので、利用できることになりました。

 しかしこれにはリスクがあって、一日にたった一便だけなので、もしその便が欠航になったりすると、面倒な事態が生じます。

Img_5823


 実は昨日も、雲が厚く垂れ込めていたので、もしも使用機が着陸できない場合は欠航になると、チェックインの時に言われました。

 その場合、一番近いのは特急しなので松本から名古屋に行き、そこから中部国際空港に行って、千歳便に乗るということでした。

その場合は、室蘭到着が夜遅くになる場合もあります。

 幸い今回は福岡からの便が無事に着陸して、千歳に飛ぶことができたので、予定通り室蘭には夕方4時前に着きました。
  

 室蘭地方も曇り空で、気温は19℃、七分袖の夏のスーツでは、少し肌寒かったです。
 

 私たちの住む大泉より、昼間の気温は低いようでした。
 

 街路樹にナナカマドが沢山植えられていましたが、葉が少し色を変え、実もオレンジ色に色付き始めていました。
 

Img_5828


 北国の秋は駆け足でやって来るようです。
 

 講習会の控室には、ハマナスの濃い赤紫の花、ミニトマトのような真っ赤なハマナスの実、シュウメイギク、紫陽花などを北海道の晩夏の風情で活けていただき、趣がありました。
 

 室蘭教区の皆さま、お世話になりました。
 ありがとうございました。

| | コメント (4)

2015年8月23日 (日)

長坂子ども食堂

Img_5770 今日は月一回の、長坂子ども食堂の日でした。

 7月に引き続き、今月もお手伝いさせていただきました。

 北杜市では、明日から二学期が始まるそうで、今日は夏休み最後の日です。

 子供たちに夏の思い出を作ってもらおうと、流しそうめんが考案されました。

Img_5773


 総務課の皆さんのご協力を得て、5から6メートルくらいの立派な流しそうめんのセットができました。

 長坂寮の奥様方が前日から準備してくださり、楽しい流しそうめんの子ども食堂になりました。

Img_5776


 うかうかしているとそうめんや具材が流れていくので、みんな真剣な面持ちです。

 調理した私たちも、はしゃいでそうめんをいただきました。

 最後はよく冷えたスイカもあり、楽しく盛り上がったそうめん流しのイベントになりました。

Img_5780


 竹でそうめん流しを作ってくださいました総務課の皆さま、おいしいお料理を作ってくださいました長坂寮の奥様方、子どもたちを楽しませてくださった、運動推進部の皆さま、ありがとうございました。

 私も、楽しい時間を過ごさせていただきました。

Img_5781


 感謝申し上げます。

| | コメント (4)

2015年8月19日 (水)

盂蘭盆供養大祭

Img_5760  京都府宇治市にある、生長の家宇治別格本山で、盂蘭盆供養大祭が開催されました。
 私は夫と、昨日、今日と参列させていただきました。
 昨日は夕刻から、東日本大震災など近年の自然災害で犠牲になった人のための、自然災害物故者慰霊祭が執り行われました。
 今日は朝9時から第60回盂蘭盆供養大祭本祭、引き続き先の戦争で犠牲になった人の慰霊のための、精霊招魂神社大祭、午後からは全国流産児無縁霊供養塔供養大祭、末一稲荷神社大祭と四つの御祭りが執り行われ、午後3時にはすImg_5761


べての行事が終了しました。
 毎年この時期の宇治はとても暑いのですが、一昨日と今朝かなり雨が降り、今日も曇っていたので、かつて経験したことのない過ごしやすい二日間でした。
 全国からご先祖の供養などのために、多くの皆さんがご参集くださいました。
 また、招霊などにも沢山の方がご奉仕で、ご参加くださいました。
 生長の家では、自然エネルギー拡大のために宇治の近くの城陽に、メガソーラーを設置しました。
 稼働は今年からです。
Img_5759


 メガソーラーに賛同し、寄付をしてくださった方の名前が、ソーラー施設内のボードに記されています。
 大祭期間中、希望者はメガソーラーの見学が可能でした。
 18日の行事が終わった後、私たちはメガソーラーの施設見学をしましたが、他に沢山の人が「自分の名前を一目見たい」「メガソーラーの規模はどれくらい」という感じで、見学にきておられました。
 採石場の跡地で、京田辺市、大阪の枚方市、京都の町などをはるかに見渡せる、眺めの良い所にありました。 盂蘭盆供養大祭では、ご先祖の霊を慰め、様々な犠牲者の霊をお祀りし、ご加護を祈念しました。
 また、自然エネルギーを拡大する行動の印を確認し、どの方にとっても心満たされ、豊かな気持を味わわれた宇治での時間だったのではないかと、思われます。
 盂蘭供養大祭に関わられたすべての皆さまに、感謝申し上げます。
 ありがとうございました。

(大祭中は、御祭りに列席して、写真を撮れる状況ではなかったので、ソーラー施設の写真だけになってしまいました)

| | コメント (6)

2015年8月 1日 (土)

夏の花

Img_5719 梅雨明けから、暑い日が続いています。
 

 とりわけ、ここ一週間くらいの暑さは、厳しいですね。 
 

 標高1250メートルくらいの我が家も、日中はかなり暑くなります。
 

 Img_5718_3


といっても、家の中にいれば扇風機をつけなくても、汗をかかずに過ごせます。
 

 空気が乾燥して、カラッとしているからだと思います。
 

 反面、野外の日差しはとても強く、紫外線の分量も多いようで、帽子は欠かせません。
 

 そんな環境で、夏の花が美しく咲き、暑さを和らげてくれます。
 

Img_5720


 元気に咲いているのは、ほとんどが宿根草です。
 

 ここの厳しい冬を土の中で過ごし、夏にはこんなにきれいな花々を咲かせるのだと思うと、けなげというか、生命の偉大な神秘力に驚嘆せずにはいられません。
 

 百合は写真以外でも黄色やピンクが咲いているので、切り花にして家の中にも飾っています。
 

Img_5713


 花が美しく咲くと喜び、家の中に飾ると心まで華やぐのは不思議と思いますが、私たちが花を見て、花の美しさを感ずることができるのは、私たちの生命と花の生命とが本来一つであるからと教えられました。
 

 天地の万物と本来一つの命を生きている私たちは、万物からの多くの恵みで生かされています。
 

 花を見ては、讃嘆の言葉をかけて、お礼を言っています。

| | コメント (2)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »