« 佐賀市に行ってきました | トップページ | 全国幹部研鑽会、全国大会ありがとうございました »

2016年4月21日 (木)

熊本地震について

Img_4143 熊本地震から一週間が過ぎました。
 

 昨日、生長の家本部での会議で、支援内容が決定しました。

 地震発生直後から、関係部署が現地に小まめに連絡を取り、できるだけの支援をしてきましたが、昨日の会議で正式に決定しました。
 

 現地対策本部を、生長の家総本山に設置し、目等総務が本部長となりました。
 

 生長の家本部のある山梨県は、被災地から遠いので、九州にある総本山が対策本部となりました。

 Pc160008_2


総本山から、九州各地への支援を行います。

 
 熊本、大分両県では被災した方々を教化部で受け入れていますが、長期にわたる場合には、教化部では対応できず、教化部自体の機能も果たさなくてはなりません。
 

 そのため、長崎県西海市の生長の家総本山と、福岡県太宰府市のゆには練成道場で、被災した信徒及び関係者、希望者の方々の避難所として受け入れることも決まりました。
 

 募金活動についても、決定しました。
 

Img_4325


 先行して、本部から日本赤十字社と信徒向けにそれぞれ300万円を寄付します。
 

 すでに総本山からは、18日夕方6時に職員3人が支援物資を車に積んで総本山を出発し、9時半ごろには熊本県教化部に到着しました。
 

 その際前もって、熊本の教化部長に必要な品を聞きました。
 

 支援物資は飲料水、即席カップ麺、レトルト食品、トイレットペーパー、ウエットティッシュ、生理用品、紙おむつ、消毒用エタノール、携帯ガスコンロ、同コンロ用のカセットボンベ、懐中電灯、電池、他です。
 

Img_4323


 また、総本山の山から取水し、ろ過した水もポリタンクで運んだそうです。
 

 19日午前2時には、熊本から帰着したとのことです。
 

 長崎南部、長崎北部教区からも、教化部長が支援物資を持って、すでに熊本を訪れています。
 

 佐賀教区も、特産の野菜などを準備して支援に向かうとのことです
 

 熊本県教化部でも、18日、信徒の方から野菜とお米の差し入れがあり、職員、白鳩会の有志により、電気釜を持ち寄り、100人分のおにぎりと煮物などの炊き出しをしました。
 

 近隣住民や付近を通行する人に振る舞い、大変喜ばれたそうです。
 

 熊本、大分両県では、教化部長、職員などで手分けして、被災した方々の安否確認に、毎日各地を訪問しているようです。

 大雑把ですが、現在の時点で私のところに届いている情報です。
 

 平成28年熊本地震被災者の皆さまに、心からお見舞い申し上げますと共に、一日も早い余震の終息と、生活の再建を心からお祈りいたします。
 

 熊本県、大分県の白鳩会連合会長さんからは、白鳩会中央部に現地の詳しい様子と、お元気なお声が届いているとのことです。
 

 皆さまの心の安寧をお祈りいたします。
 ありがとうございます。
 

|

« 佐賀市に行ってきました | トップページ | 全国幹部研鑽会、全国大会ありがとうございました »

コメント

合掌ありがとうございます。
詳しい状況をお教えくださりありがとうございます。
私の教区は、全国幹部研鑽会のサブ会場になっていまして、昨日20日の午後は運営委員会議がありました。その中で、熊本教区になにか自分達で出来ることはないかという事で、全幹研で募金を募りましょうという話になりました。今日の本部からの決定事項を踏まえて、誌友会等で募金を呼びかけることに致します。丁度今日の午前中は、母親教室を開催致しましたので、皆様に呼びかけて募金をお願いしました。うちの教区の白鳩会は、東日本大震災後も、誌友会では、募金箱や募金缶を置いてずっと支援を続けることにしていますので、すんなりと理解して協力して下さいました。又お昼は皆様と一汁一飯を戴きました。 被災者の方々に心からお見舞い申し上げますとともに本当に一日も早い余震の終息をお祈りいたします。

投稿: 柳光貴代美 | 2016年4月21日 (木) 13:34

生長の家の皆様の迅速で心温まる対応に、胸がいっぱいになりました。私の生まれ故郷大分県竹田市も避難地域になっています。この度の対応に、被災者の皆様はどれ程救われておられるだろう!と思いました。

投稿: 高橋久代 | 2016年4月22日 (金) 09:53

合掌 ありがとうございます。

   純子先生、詳しく状況をお知らせくださり、ありがとうございますm(_ _)m

   本当に迅速な心温まるご対応に、感動いたしておりますm(_ _)m

   テレビで見ましたが、熊本の方々は、ライフラインが断たれている中でも、何一つ不平を言わず、「並んでいれば、温かいご飯をいただけるからありがたい」と・・・
   この言葉に涙いたしました。

   普通に生活出来ることのありがたさを、改めて感じましたm(_ _)m

   (大分県臼杵市出身の私は、弟や親戚を心配しましたが、このところ、眠れるようになったとのことで、ちょっと安心したところです)

   「自然と人間の大調和を観ずる祈り」や「大自然讃歌」の拝読をさせていただいております。

   熊本や大分の被災者の方々に、安寧な日々が一日も早く訪れますように、心よりお祈り申し上げますm(_ _)m

             安東孝子拝

投稿: 安東孝子 | 2016年4月22日 (金) 17:37

柳光さん

 迅速な対応、ありがとうございます。
 幹部研鑽会も、よろしくお願いいたします。
 こちらはようやく、桜の季節を迎えています。

投稿: 谷口 純子 | 2016年4月23日 (土) 05:43

 合掌 谷口純子先生 先の講習会ではありがたいご指導を賜り、真にありがとうございました。
 この度の熊本・大分の地震につきましては、多くの方と同様、心配しておりますが、生長の家の温かい対処についてお知らせいただき、心から感謝させていただきます。募金にも呼びかけを行って協力させていただきます。
 この地震で亡くなられた方々のご冥福を祈り、被災者の方々に心からお見舞い申し上げます。一刻も早い終息と速やかなる復興を祈念し、併せて災害救助・復興に当たっておられる方々に感謝と敬意を表します。谷口純子先生に心から感謝しつつ。再合掌 島根教区 石田盛喜代

投稿: 石田 盛喜代 | 2016年4月23日 (土) 05:45

 高橋さん

 竹田ご出身なのですね。
 故郷のこと、気がかりで心を痛めておられることと思います。
 一日も早い終息を、ともにお祈りいたします。

投稿: 谷口 純子 | 2016年4月23日 (土) 05:46

 安東さん

 故郷のこと、御親族のこと、ご心配なことと思います。
 余震は私も新潟で経験しましたが、ドキッとして体が緊張し、目が覚めます。
 少しは、お休みになられるようになったとお聞きし、少し安堵しました。
 自然の恵みに、深く感謝の日々を送りたいと思います。

投稿: 谷口 純子 | 2016年4月23日 (土) 05:52

石田さん

 ご丁寧なコメント、ありがとうございます。
 ボランティアの方の活動も始まりました。
 関係されるすべての方々への、暖かいお言葉、ありがたく感謝申し上げます。

投稿: 谷口 純子 | 2016年4月23日 (土) 05:58

生長の家白鳩会総裁・谷口純子先生
合掌、ありがとうございます。
いつもわたくし達に尊いご指導とご愛念を賜り、心より感謝申し上げます。
純子先生の温かいお心が、こうして熊本地震被災地の様子や支援の詳細をお知らせくださることにより、世界の皆様とともに、地震の終息や被災者のみなさまの心の安寧を祈ることができます。
インターネットの情報伝達の速さのおかげで、23日には地元の先祖供養祭、24日午後の壮年誌友会でも、募金箱を設置して、ご参加の方々が快く協力して下さいました。
東日本大震災の被災地にも、熊本地震の地にもこれから長く心を添わせて、祈り続けてまいります。合掌、再拝。
   島根教区 西村世紀子
   

投稿: 西村世紀子 | 2016年4月25日 (月) 23:15

生長の家白鳩会総裁 谷口純子先生
合掌 有難うございます。いつも素晴らしいご指導を賜りますことに心より感謝申し上げます。
この度の熊本地震に対しまして、本部のご対応と詳しい情報のご提供、有難く心より感謝申し上げます。私は福岡県の出身でございます。同じ九州での大地震、皆様方の心温まるご支援ご愛念に感謝の思いで一杯でございます。
先日の誌友会では募金箱を置いて頂きまして共に募金に
協力させていただきました。色々な行事の折には皆様方に協力を 呼びかけてまいります。
被災された皆様に心よりお見舞い申し上げますと共に、1日も早い生活の安らぎと、余震の終息、復興をお祈り申し上げます。
日々三正行の実践と、倫理的な生活を心がけてまいります。有難うございます。
再拝
島根教区 水津 英子

投稿: 水津英子 | 2016年4月28日 (木) 10:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 佐賀市に行ってきました | トップページ | 全国幹部研鑽会、全国大会ありがとうございました »