« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月12日 (火)

1945年のクリスマス

Img_7350  この文庫本「1945年のクリスマス」べアテ・シロタ・ゴードン著(朝日文庫)は、今年の6月30日に出たばかりで、私は7月4日に買い、時間を見つけつつ、ようやく読み終えました。
 帯にも書いてあるように、日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝です。
 一人の女性の自伝としても、大変興味深いものがありますが、アメリカからの押し付けと言われる日本国憲法が、どのような状況で草案されたか、関わった人々はどんな気持ちだったかがよく分かります。
 日本を弱体化するための憲法ではなく、みんな理想主義に燃えていたことが、細かい描写から受け取れます。
 べアテさんは、5歳から15歳まで、戦前の日本で暮らし、日本女性の地位の低さを敏感に感じ取っていました。
 アメリカの大学を出て後に、日本国憲法の人権に関する委員会のメンバーに任命されたとき、女性が幸せになるように、女性の権利を書くことに心血を注ぎました。
 当時アメリカの憲法にも、男女平等は記されていませんでした。
 共産主義のソ連憲法には、男女平等があり、ドイツのワイマール憲法やその他の参考になると思われる国の憲法を、焼け跡の東京の図書館でさがし、参考にしました。
 本文から引用すると、こんな箇所があります。
 「とにかく、戦勝国の軍人が、支配する敗戦国の法律を、自分たちに都合よく作るのだなどという傲慢な雰囲気はなかった。自分たちの理想国家をつくる、といった夢に夢中になっていた舞台だったような気がしている。」
 こんな風に書かれています。
 こらから、憲法をどうするのかという議論が、国民的に起こってくるでしょう。
 この本は、その時の一つの参考になるものと思われます。
 

| | コメント (3)

2016年7月11日 (月)

「憲法改正」の真実

Img_7347  参議院選挙が終わりました。
 自民党が予想通り、改選議席に上乗せをしました。
 そんな中で、民進党は大敗した三年前に比べれば、それなりに成果があったので、自民党の結果は残念ではありますが、いよいよこれから国民的議論を醸成していかなくてはならないと、私は前向きに考えていました。
 そんな中、今朝新宿の紀伊国屋書店で『「憲法改正」の真実』樋口陽一・小林節著(集英社新書)を買いました。
 この本は、以前から知っていて読みたいと思っていました。
 夫が持っていたのでいつでも読めたのですが、他に読まなくてはならない本があり、原稿もあって時間がありませんでした。
 安倍政権の暴走はそれなりに認識していたつもりですが、この本を読んで、私は衝撃を覚えました。
 安倍首相と自民党は余りにもお粗末で、独裁的ですが、そのような政治をはびこらせてきたのも、私達の責任であると痛感しました。
 まだ、三分の一くらいしか読んでいませんが、一人でも多くの人に読んでいただきたいと思います。
 多分どこの書店でも、平積みされていると思います。
 護憲派の泰斗と改憲派の重鎮が、立場を超えて民主主義と立憲主義の危機を訴え、日本の現状を大いに憂いています。
 Img_7315


「愛国と信仰の構造」と重なる所もありますが、憲法学者の立場から、いかに今の日本の状態が危ないかがよく分かります。
 世界の平和とも大いに関係があります。
 皆さんと勉強していきたいと思います。



 今日は大泉もそれなりに暑くなり、日中は30℃くらいあったようです。



 今は涼しいですが。



 庭では3年目の桔梗が咲いています。

| | コメント (4)

2016年7月10日 (日)

青森市に行ってきました

Img_7331 青森教区の講習会で、青森市に行ってきました。
 

 金曜日までは20度に満たない寒い日だったそうですが、私たちが到着した土曜日は26度くらいで、少し蒸し暑かったです。
 

 日曜日の今日は、予報では雨でしたが、爽やかな風の吹く良いお天気になりました。
 Img_7324

 梅雨ですから紫陽花が美しく、赤紫のハマナスも鮮やかでした。
 

 以前に書いたかもしれませんが、青森はカシスの栽培が日本一で、カシスのケーキやジャム、ゼリー、ジュースなどがありますが、珍しいものでは、Img_7328


かしす羊羹というのもありました。
 

 「カシス」という木の実があるのは以前から知っていましたが、さてどんな植物なのかと調べて見たら、「黒房すぐり」だということがわかりました。
 

Img_7332


 「えっ、そうだったの」と、驚きました。
 

 私の庭には、「赤房すぐり」(レッドカラント)があり、毎年6月末頃真っ赤な小さな身が熟し、ジャムを作ります。
 


Img_8040




 今年も沢山ジャムができました。
 

 去年のことですが、たまたま園芸店で「黒房すぐり」(ブラックカラント)を見つけ、買って庭に植えました。
 Img_7340_2

 レッドカラントがよく育つので、ブラックカラントも良いだろうと思ったからです。
 

 小さい苗でしたから、実が成るのは期待していませんでしたが、それでも20粒くらい収穫できました。
 




 レッドカラントに混ぜてジャムにしましたが、それがカシスだったとは知りませんでした。
 

Img_7342


 カシスは、カシスポリフェノールと言われる抗酸化作用を持つ成分があり、その中で代表的なのがアントシアニンで、ベリー類の中でも特徴があり、カシスアントシアニンと呼ばれるとのことです。また他のフルーツに比べビタミンやミネラルが多く含まれている健康食材だそうです。

 

 お昼のお弁当にも、カシスゼリーが入っていました。
 

 青森の皆さんは、豊富なカシスで老化や目の疲労の抑制を図られているかもしれません。
 

Img_7344_2


 講習会の控室には、布で作った百合や亀、百合の額、牛乳パックで作ったねぶたの灯篭などを飾っていただきました。
 

 素晴らしい特技を持った方がおられるのですね。
 

 青森教区の皆さま、お世話になりました。
 ありがとうございました。

| | コメント (4)

2016年7月 3日 (日)

盛岡市に行ってきました

Img_7281 岩手教区の講習会で、盛岡市に行ってきました。
 盛岡は、土曜日は小雨で風が強く、夕方から夜には雨も強く降ってきました。
 日曜日の今日は、朝少し降っていましたが、次第に良いお天気になりました。
 宿泊したホテルは、盛岡駅に近く、北上川のほとりです。
 橋を渡ると、材木町という地域があり、今の季節の土曜日の午後には、「夜市」という商店街の市が立ちます。
 そこでは、野菜や果物、魚、様々なお惣菜、パンやお菓子などが売られています。
Img_7279


 宮沢賢治ゆかりの光原社もこの通りにあります。
 光原社は、賢治の「注文の多い料理店」を戦前に出版したところで、現在は賢治の本や原稿を展示したり、南部鉄器、漆品、全国の民芸品などを扱っています。
 盛岡に来ると、光原社に足が向きます。
 今回も、光原社を訪れ、「夜市」のにぎやかな通りを歩き、地元の書店に入り、岩手の出版社の本を一冊求めました。
Img_7285


 地方の書店に行くと、そこで出版されているローカル色豊かな本に出会うことがあり、楽しみの一つです。
 また、岩手では戦前から、ホームスパンの製造が盛んに行われていて、現在も続いているということを知っていましたが、商店街の中に、ホームスパンの展示販売をしている店があり、入ってみました。
 ホームスパンは羊の毛から糸をとり、染めて、ツイードのようImg_7290


に色を混ぜて、ジャケットやマフラーなどを作ります。
 手が込んでいて、とても柔らかな手触りで、高級品ですが、一生使えるものだと思いました。
 そんな話を昼食時にすると、白鳩会の連合会長さんが、「昔は家庭で羊を飼っている家も多く、私の家でも刈った羊の毛を糸にして、染めて、毎年セーターを編んでもらいました」と話されました。
 「昔はそれが当たり前と思っていましたが、今考えればとても贅沢なことですね」と言われました。
Img_7296


 すると講師会長さんも、「忘れていましたが、そうでしたね。思い出させてくれて、ありがとうございます」と、懐かしそうに応じられました。
 私も子供の頃、冬になると母が毛糸屋さんに子供を連れて行って、私たち子供に好きな色を選ばせて、毛糸のセーターを注文してくれたという話をしました。
 今ほど豊かではありませんでしたが、私たちが子供の頃は心のこもったものを大切にする文化がまだあったのだということを、お互いに確認し合いました。
 講習会の控室には、紫陽花を始め季節の花をすっきりと清楚に飾っていただきました。
 岩手教区の皆さま、お世話になりました。
 ありがとうございました。

| | コメント (2)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »