« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

2017年8月28日 (月)

室蘭市に行ってきました

Img_8600 室蘭教区の講習会で、室蘭市に行ってきました。
 

 土曜日、日曜日と、この時期の室蘭にしてはすこし暑いくらいでしたが、とても良いお天気に恵まれました。 街路樹のナナカマドがオレンジ色に色付き、くっきりとした青空に映えていました。
 

 北海道に行くとナナカマドの街路樹が多く、真っ赤に色付いた実はとてもきれいです。
 

 Img_8602


「ナナカマド」の名前の由来は、とても燃えにくく、七度窯に入れても燃えない所から、この名前がついたと記憶していましたが、実際には、ナナカマドの薪はよく燃えるそうです。
 

 また、備長炭は木炭の中の上等なものを言いますが、その材が花鍬樹すなわちナナカマドであるという記述もあります。
 

 簡単に燃えないで、良い火が長持ちするところからこのような名前がついたのかもしれません。
 

Img_8604


 8月末の北海道は、秋の気配が濃厚で、そこはかとなく寂しさを感じるのが常ですが、今回は夏の明るい光が満ちていました。
 

 そんな中、土曜日の北海道新聞は最近の強雨について報じていました。
 

 北海道の局所的短時間強雨は、30年前に比べると3倍になったとのことで、気候の変化を示しているようです。
 

 土曜日の千歳空港も雷雨のため着陸ができず、上空で30分程待機しました。
 

 私たちの前には、10機の飛行機が同じように待機指示を受けていました。
 

Img_8607


 無事に着陸することができましたが、自分たちの生活を変えていくことが緊急を要するものであることを、多くの人と共有する必要性をいよいよ感じます。
 

 講習会の控室には、夏から秋への移ろいが感じられるお花と手作り品を飾っていただきました。
 

 室蘭教区の皆さま、お世話になりました。
 

 ありがとうございました。
 

| | コメント (8)

2017年8月11日 (金)

アメリカ幹部研修会

昨日、8月9日ニューヨークでの幹部研修会が終了しました。
ブラジルでの3会場、ニューヨークとそれぞれ幹部研修会が開催され、規模や国民性は違いますが、今の時代にどの方向に向かって進んで行くかが確認され、より深く確認されたと思います。
ニューヨークはとても良いお天気の、気持ちの良い日に恵まれました。


会場は、コロンビア大学近くの、インターナショナルハウスでした。
隣接するさくら公園は、春には沢山の桜が咲くそうですが、今の季節は夏の花と木々の緑が会場からの美しい眺めとなっていました。
夕方からは夕食会が開催され、平日にも関わらず、70人くらいの方がご参加くださり、親しく歓談でき、和やかな時間を過ごすことができました。
多くの皆さんの強い思いとご協力により、すべての行事が滞りなく行われましたことに、心から感謝申し上げます。
ありがとうございました。

| | コメント (0)

2017年8月 9日 (水)

ニューヨークに着きました

昨日の朝、8月8日ニューヨークに着きました。
ニューヨークも、予想に反して涼しく、22度前後です。
朝は曇っていて、小雨も降っていましたか、午後からは良いお天気になって、暖かくなりました。
今日はこれから、アメリカの幹部研修会です。



| | コメント (0)

2017年8月 7日 (月)

イビウーナ練成道場幹部研修会

昨日は、最終の幹部研修会が、イビウーナの練成道場で開催されました。
参加者は、912名でした。
3会場の参加者合計は、2386名、さらに今回は運営委員も参加費用を払って参加者となっているので、そのトータルは2659名とのことでした。
イビウーナには、アマゾンのベレンやマナウスからも、はるばるご参加下さいました。
最終日は、皆さん感動で涙の中でのお別れでした。
過ぎてしまうと、あっという間で、お名残惜しいですが、再会を期して笑顔でお別れしました。





| | コメント (0)

ブラジル伝道本部幹部研修会

8月5日はサンパウロのブラジル伝道本部で、幹部研修会が開催されました。
約800名の方が参加され、ここも満員でした。
ラテンアメリカ諸国からも、40名前後の皆さんが参加されました。
サンパウロは、最高気温15度くらいの寒い日でしたが、皆さん熱心に研修を受けてくださいました。
控え室には、日本では見ることのないオレンジ色のカシュウナッツの実がありました。





| | コメント (0)

2017年8月 3日 (木)

昼食会



昨日はクイアバー市教化支部会館に立ち寄り、クイアバーの信徒の皆さん及び近隣の教区の方々と、昼食会をもちました。






近隣といっても、千キロ以上離れたアマゾンやリオデジャネイロからの方もおられました。
植林もしました。




平日にも関わらず、大勢の皆さんがお集まりくださり、親しく交換の時を過ごすことができました。
小グループでの、記念撮影もして、夕刻にはサンパウロに帰ってきました。

| | コメント (2)

2017年8月 1日 (火)

パンタナール





31日の昨日は、ポルト・アレグレから飛行機を乗り継いで3時間半のクイアバー市に移動しました。




ここからさらに車で3時間の世界自然遺産に登録され

ているパンタナールに来ました。
クイアバーの市街からは、ずっと赤土の乾いた土地の両側に果てしなく低木の森が続き、人家はほとんどありません。
途中からは、白いコブ牛を中心にたくさんの牛が放牧されていました。
馬もいました。道路に出てきた牛もありました。
犬もひきそうになりました。
宿舎についたのは夕方暗くなってからで、1日移動にかかりました。
広大な国土を持つブラジルですから、こちらの人にとっては、少しの移動に感じられるのだと思います。
今朝は朝5時から、夜明け前のパンタナール湿地を、船

で観察しました。
ワニやカピバラ、様々な野鳥、それに荘厳な夜明けを迎えることができました。
この世界は、なんと美しいのかと思いました。

| | コメント (2)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »