« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月

2017年11月26日 (日)

仙台市に行ってきました

Img_8880 宮城教区の講習会で、仙台市に行ってきました。

 仙台の駅周辺は、東京並みの大都会の様相を呈していますが、周りを囲む山々は白い雪に覆われていて、北の杜の都ということがわかります。
 

 土曜日は小雨がほんの少しぱらつきましたが、日曜日の今日は、とても良いお天気に恵まれました。
Img_8882


 

 沢山植えられている街路樹の紅葉が美しく、街は落ち着いた華やかさに包まれていました。
 

 駅の建物も新しくなり、6年前に震災があったことを忘れそうImg_8889


ですが、皆さんの言葉の端々から、外見からは見えない思いを胸に秘めておられることが、感じられました。
 

 あれほどの東日本大震災があっても、原発ゼロをめざさず、東北の復興も遅れているのに、オリンピックばかりが声高に叫ばれる日本の現状に、失望感を持つこともあります。
 

Img_8892


 けれども、根が楽観的なので、表面には現れなくても、心ある人々の中には、確かに違う方向に向かう動きが脈々とあり、それらは時間はかかっても、必ず正しい方向に向かっていくだろうと、私は希望を持ちます。
 

 講習会の控室には、優しいピンクのバラ、山帰来の実と靴Img_8886


下、手作り品などを飾っていただきました。
 

 宮城教区の皆さまお世話になりました。
 ありがとうございました。
 

| | コメント (8)

2017年11月12日 (日)

多治見市に行ってきました

Img_8849_2 岐阜教区の講習会で、多治見市に行ってきました。
 

 少し風は冷たかったですが、秋晴れの素晴らしい天候に恵まれました。
 

 土曜日の昨日は、各地で雨が降り、不安定な天候でした。
 

Img_8853_2


 昨夜泊まったのは、多治見の隣町の愛知県小牧市でした。
 

 午後に着いたのですが、灰色の雲が現れ、時に雨がぱらつきました。
 

 Img_8864_2


そんな中、二回も虹を見ることができました。
 

 一回はホテルの部屋に入った時で、窓からうっすらと虹が見えました。
 

Img_8868_2


 その後、街を散策してお寺の境内にいる時、今度は空いっぱいの半円の虹が見えました。
 

  朝は夜明け前の群青の山の端がオレンジに染まる時と、輝かしい太陽が顔を出す瞬間を見ることができました。
 

Img_8875_2


 私たちの回りには、美しいものが沢山あります。
 

 講習会の控室には、そんな美しいこの世界で、自分の手でも表現したいと思われた方の、すばらしい作品の数々を飾っていただきました。
 

Img_8869_2


 白玉椿とススキ、稲穂も秋の風情をいっぱいに表していました。
 

 岐阜教区の皆さま、お世話になりました。 
 ありがとうございました。
 

| | コメント (4)

2017年11月 5日 (日)

甲府市に行ってきました

  Img_8828山梨教区の講習会で、甲府市に行ってきました。

 朝起きて外を見ると、月が煌々と輝いていました。

 地面は白く、雪が降ったのかと思うほどに、霜が降りていまhした。

 山梨に引っ越してきて、唯一日帰りの講習会です。

 


昨夜から作っておいたロールサンドをいただいて、10時からの講習会に向けて、8時半に家を出ました。

 このロールサンドにはさんだ、大豆バーグについて、夫が「おいしい」と言って、懇談会の席上、話が途切れた時に「あなたが最近開発したものを紹介したら」と言われました。

 そこで、大豆バーグのレシピを皆さんにお話しました。

 押し豆腐、茹で大豆、玉ねぎみじん切り、人参みじん切り、卵一個、パン粉、塩、こしょう、オールスパイス、ナツメグ、クローブ、

 これらをよくこねて、フライパンに油を敷いて、焼くだけです。

 特徴は香辛料を聞かせたことで、エスニックな香りのするバーグになったっことかもしれません。

 皆さん、表情を和らげて聞いてくださいました。

  道が空いていたので、9時10分頃には、甲府の会場に到着しました。

 今回は、オフィスのある北杜市の高根町にサブ会場が設けられました。

 援軍もあり、前回成果を上回る多くの方にご参加いただき、充実した講習会となりました。

 Img_8829_2


いま山梨県は紅葉の美しい季節を迎え、連休最終日の今日も良いお天気に恵まれました。

 講習会の控え室には、外の紅葉そのままに、オレンジの葉っぱを色鮮やかに活けていただきました。

 山梨教区の皆様、お世話になりました。ありがとうございました。

続きを読む "甲府市に行ってきました"

| | コメント (4)

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »