« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018年6月30日 (土)

朝一番の効用

Img_7768jpg_2 水曜日の夜夫は、「明日の朝一番に、すぐりの実採るよ」と宣言しました。
 明日は木曜日の休日です。
 スグリとは房スグリのことで、英名、レッドカラントといいます。
 植えて15年以上たちますが、毎年沢山実をつけて、ジャムにして楽しんでいます。
 ところが今年は春先からどうも木の調子が悪く、枯れてしまうのではないかと心配しました。
 実際一部の木は枯れていて、その後実の付き具合も少なかったのです。
 Img_7752jpg_2


そんなスグリでしたが、それでも実をつけてくれ、ようやく色づいてきました。
 今までの経験から、スグリは収穫の時期が大切です。
 小さい実をたくさんつけるので、実を取るのに手間がかかります。
 少し遅くなると、種が硬くなり食感に影響します。
 忙しい時ついつい後回しにしていると、ジャムにしたとき美味しくはできるのですが、種が残ります。
 そんなことを経験しているので、採る時期に注意しています。
 暇な時というのはあまりないのですが、今年はとりわけ7月の終わりに国際教修会があるので、その原稿などの準備に追われています。
 国際教修会の場合、四か国語に翻訳する必要があるので、早めに原稿を提出しなくてはなりません。
 そんな中、すぐりが色付いてきたので気になっていました。
 Img_7756jpg_2


ですから夫の言葉はとてもありがたかったのです。
 折角色付いてきたものを、忙しいという理由で無駄にするのは、心が痛みます。
 ところが木曜日、朝起きてみると外は雨でした。
 予報では曇りだったのに残念と思いました。
 けれども朝食が終わり、片づけをしているころには、雨も小降りになり、霧が出てきました。
 こういう時は晴れてくる兆候です。
 9時ころには雨もやみ、やがて薄日が差してきました。
 夫は言葉通り、私に入れ物を要求し外に行きました。
 夫から少し遅れて、私も一緒に採りに行くことにしました。
 このような単純で根気のいる仕事は、一人より二人の方が効率もよく、楽しくできます。
 30分くらいで、熟した実はほとんど採ることができました。
 計ってみると400グラムありました。
 いつもより少ない量ですが、それでもとてもうれしいものです。
Img_7773jpg_2


 早速洗って、お鍋に入れ、お砂糖を200グラムまぶして、置いておきました。
 ずっと気になっていたことができたので、私の心はすっきりして、午前中は原稿に集中できました。
 午後も気持ちよく仕事ができ、夕方にはしたいと思っていたケーキを作ることもできました。
 スグリは夕食の準備の時、弱火にかけておけば、あくを取るくらいで手間いらずでジャムになります。
 「しなくてはいけない」という思いを持ったまま、後回しにしていると、他のことをしている間も、その「しなくてはならないこと」が心に浮かんできます。
 これが心の引っ掛かりになり、その時している他のことにも影響します。
 気にかかることは、なるべく優先してしていますが、今回はそれを改めて実感しました。
 朝一番の効用と言っていいかもしれません。
 翌朝、トーストにつけていただいたとき、夫は少し前に作った落ち梅のジャムと比べて、「どちらもおいしいけれど、カラントのほうが華のある味だね」と、何やら複雑なことを言いました。


| | コメント (0)

2018年6月24日 (日)

富山市に行ってきました

Img_7690jpg 富山教区、石川教区共催の講習会で、富山市に行ってきました。

 
 土曜日は、曇り空で少し小雨の降るときもありましたが、日曜日の今日は梅雨の晴れ間の晴天に恵まれました。
 予想最高気温、31度とのことでしたが、湿気があまりなく、風も吹いていたので、それほど暑くは感じませんでした。
 北陸新幹線の開通により、山梨から富山が近くなりました。
Img_7691jpg
 小淵沢から富山まで、電車に乗っている時間は2時間半弱です。
 
 ですから今日も明るいうちに、自宅に帰ってくることができました。
 山梨や長野以外では、あまりないことです。
 富山市は日本海側の落ち着いた風情のある街ですが、新幹線の開業により、外国からの観光客が増えたとのことです。
 特に台湾をはじめとして、東南アジアの人が雪景色を見に来るそうです。
 立山には今も10メートル近くの氷の壁が道路の両側にあるとのことで、見てみたいと思いました。
Img_7696jpg  町中のお寿司屋さんには、英語で「英語のメニューがあります」という案内の張り紙を出しているところもありました。
 今回、電車の中でも駅のホームでも、沢山の外国の人に会いました。
 塩尻から長野までの特急しなの号で、私たちの席の通路を挟んだ隣は、白人の親子(母・50代と娘・20代)でした。
 ちょうどお昼の時間帯だったので、私はお弁当におむすびを作って持参し、夫としなの号の中でいただきました
 白いおむすびに黒いノリを巻いて食べている私たちを見て、どう思っているのかなとちょっと興味を持ちました。
 日本を訪れる外国の人たちは、日本のどんなものに興味を持ち、どんな印象を持つのか知りたいと思いました。 
 
Img_7694jpg  講習会の控室には、様々な色のあじさいやトラノオ、シモツケ草など季節のお花を清楚に飾っていただきました。
 すべて係の方の、お庭に咲いたお花だそうです。
 富山教区、石川教区の皆さま、ご活躍いただきありがとうございました。
 お世話になりました。合掌

| | コメント (15)

2018年6月10日 (日)

長崎市に行ってきました

Photo 長崎南部教区、長崎北部教区共催の講習会で、長崎市に行ってきました。
 
 長崎市の長崎ブリックホールをメイン会場にしての開催となりました。
 
 島原文化会館、アルカスSASEBO,生長の家総本山錬成道場がそれぞれサブ会場でした。
 
 土曜日の長崎は、気温が30度近くありましたが、爽やかなImg_7539jpg 風が吹いて、暑さもそれほどに感じませんでした。
 
 もう梅雨に入っているので、日曜日の今日は曇りがちのお天気でしたが、雨もほとんど降ることなく、天候に恵まれました。
 
 長崎は坂の町です。
 
 山の上まで民家がずっと続いています。
 
 そのため、お年寄りの中には、生活が困難になり、古い家を置いて、平地のマンションに引っ越す人もいるようです。
 
 けれども多くの人は、山の中腹や上に住んでいます。
 
 そのため、買い物などがままならず、不自由な生活をされている人の割合は、全国トップ。
 
Photo_2  スーパーやコンビニが近くになく、車も使えず、食品を買うのに苦労する「高齢の買い物弱者」の長崎県の人口比は、34、6パーセントで、3人に1人の割合だそうです。
 
 何とか支援の手を差し伸べてもらいたいと思いました。
 
 この時期、長崎市内の各所ではあじさいの花が美しく咲いています。
 
 出島や眼鏡橋周辺では、あじさい祭りが開催されていましImg_7544jpg た。
 
 講習会後、空港に向かう車を、眼鏡橋周辺を通るようにしてくださいました。
 
 華やかで豪華なあじさいを見ることができました。
 
 講習会の控室にも、あじさいの花やあじさいの折り紙などを飾っていただきました。
 
 Img_7545jpgImg_7552jpg 長崎南部、北部教区の皆さま、お世話になりました。
 
 ご活躍いただき、ありがとうございました。
 

| | コメント (11)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »