« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月

2019年3月25日 (月)

周南市に行ってきました。

 Img_1206jpg山口教区、広島教区共催の講習会で、周南市に行ってきました。
 周南市は山口県の瀬戸内海側の東部にある町です。
 以前は徳山市と呼ばれていましたが、町村合併などで周南市という市に変わりました。
 周南市というのは、中国の都市名のようで、私のような部外者は、どうして徳山市ではいけなかったのだろうと疑問に思います。
 けれども徳山市のままだと、合併される市町村の中には、徳山市に吸収されるような形になることを嫌ったところがあったのかもしれないなどと、想像しました。
 Img_1201jpg調べてみると、もともとこの地域は周防の南という意味で、古くから周南と呼ばれていたそうです。
 そういわれてみると。周防大島が近くにあります。
 周防というのは山口県の東南半分の地域を呼ぶそうです。
 島根県にも、雲南市があり、ここも最初は中国の地名みたいと思いましたが、出雲の南というので、雲南という名前にしたとのことでした。
 古くからの地名がなくなると、よそよそしい感じを持ちます。
Img_1211jpg 住所の一部に旧地名が残れば、少しは気持がつながるよすがになるかもしれないなどと思いました。
 この周南市、新幹線の駅名は徳山ですが、駅ビルにTSUTAYAとスターバックス、徳山図書館の複合施設ができていました。
 代官山が突然徳山に誕生したようなおしゃれな空間で、中の席は満員でした。
 都会に行かなくても、都会の雰囲気を味わえるということで、地元の若者が地域に留まる役目を果たせるか、それとも都会はやっぱり〝ステキ”ということになるのか、悩ましいところです。
 駅前の昔ながらの商店街との隔たりは、埋めようもありません。
 港の工場群からは、モクモクと煙が排出され、船の往来が頻繁でした。
Img_1212jpg 講習会の控室には、季節感のある桃の花や椿と手作りのお雛様を飾っていただきました。
 山口教区、広島教区の皆さま、お世話になりました。
 大盛会の講習会でご活躍いただき、ありがとうございました。
 

| | コメント (2)

2019年3月18日 (月)

宜野湾市に行ってきました

Img_1101jpg 沖縄教区の講習会で、沖縄の宜野湾市に行ってきました。

 
 普天間基地のある街です。
 
 土曜日マイナス3度の北杜市から、プラス20度の沖縄の那覇空港に着いたときは、色とりどりの胡蝶蘭に迎えられ、別世界にたどり着いたようでした。

 

 Img_1117jpg 今まで沖縄の講習会は12月か1月に開催されていました。
 

 3月の沖縄は初めてで、木々の緑がより豊かに濃く感じられました。
 

 沖縄は、移住者も多いそうですが、観光客も増えているそうで、空港の駐車場も、市内の道路も混みあっていました。
 

Img_1116jpg  中国、韓国、台湾などからの観光客が多いそうです。
 

 韓国では今、沖縄観光ブームとのことです。
 

 私たちが泊まったホテルの隣は、サッカー場や野球場があり、土曜、日曜と多くの若者、高校生や中学生が朝早くから夜遅くまで試合や練習をしていて、活気に満ちていました。
 

Img_1121jpg   沖縄の人々は、情に厚く面倒見がよく、助け合いの心が今も生きているとのことです。

 沖縄は基地問題が暗い影を落としています。

 けれども、この地の人々はそれらを撥ね退けるほどの、明るさとパワーと柔軟さを、内に秘めているようです。
 

 沖縄の皆さんに、強いエールを送りたいと思いました。
 

 講習会の控室には、極楽鳥花などのImg_1126jpg 地元の花と美しい紅型の作品を飾っていただきました。
 

 沖縄教区の皆さま、お世話になりました。
 

 ご活躍、ありがとうございました。

Img_1132jpg2

| | コメント (9)

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »