« 2019年11月 | トップページ | 2020年3月 »

2019年12月

2019年12月15日 (日)

津市に行ってきました。

 三重教区、奈良教区共催の講習会で、三重県の津市に行ってきました。

 土曜日、日曜日共に暖かい良いお天気に恵まれました。

 ちょうど紅葉が美しい時期で、街路樹の銀杏や公園のもみじが目を楽しませてくれました。

 ここ三回か四回、津では同じところに泊まっています。

 かつては賑わったと思われる、津市の大門というところで、前回まではアーケードのあるシャッター通りでしたが、今回アーケードが取り払われていました。

 以前あった八百屋さんはタックスフリーショップになっていて、洋菓子店も団子屋さんもなくなっていました。

 Img_4526jpgtu 老人の憩いの場所も姿を消していました。

 そうなると、以前の賑わいの形跡はほとんど感じられず、閑散とした商店街という印象を受けます。

 Img_4522jpg アーケードがあった時代を知らない人が見たら、ぱらぱらと店のある特徴のない所と思うかもしれません。

 社会の変化と共に町が変わっていくのは、東京の原宿で常に経験したことでしたが、それは華やかな変化でした。

 Img_4534jpg 津の場合は、Img_4541jpg 衰退しているように見えて、少し寂しさを感じます。

 けれどもそんな中で、新しく開店した店もあり、二軒の音楽系の専門店が残っていたのも、明るい兆しかもしれません。

 師走の忙しい時期にもかかわらず、三重教区、奈良教区の皆さんは、熱心に推進活動をしてくださり、多くの方がご参加くださいました。
ご活躍Img_4536jpg
講習会の控室には、季節の花や木の実を飾っていただきました。

 早や、ネコヤナギもありました。

 三重教区、奈良教区の皆さま、お世話になりました。

 ありがとうございました。

| | コメント (3)

2019年12月 8日 (日)

岡山市に行ってきました

 岡山教区、兵庫教区共催の講習会で、岡山市に行ってきました。Img_4463jpg

 岡山市の中心地で講習会が開催されるのは、私は初めての経験でした。

Img_4468jpg  私の住んでいる山梨県、北杜市はもうすでに紅葉は終わり、冬枯れの景色になっています。

 けれども岡山は、まだ紅葉が美しく、朝夕は氷点下の気温になる北杜市から到着すると、とても暖かく感じられました。

 もっとも岡山の方は、私たちが新幹線で岡山駅に着いたとき、今日は寒い日になりましたと言われました。Img_4476jpg

 それだけ気温の差があるのだと思いました。

Img_4483jpg   岡山は「晴れの国」と言われ、晴天の日が多いそうです。

 そんな岡山でも、昨年の西日本豪雨では、倉敷市の真備町を中心に災害に見舞われました。

 「ここだけは大丈夫」と油断してはいけないことを学んだと、現地の方は言われていました。Img_4479jpg Img_4474jpg  

 身近に災害のないところはなく、災害の話が話題に上ることが多くなりました。

 普段の備えを怠らず、温暖化を抑制する生活の必要性が益々高まっています。

 明るい心で、生かされていることに感謝し、楽しく生活していきたいとあらためて思いました。

 控室には、岡山、兵庫両教区の皆さんの手作り品を沢山飾っていただきました。

 地に足の着いた、確かな生活の成果がうかがえました。

 岡山教区、兵庫教区の皆さま、お世話になりました。

 ご活躍いただき、ありがとうございました。

| | コメント (2)

« 2019年11月 | トップページ | 2020年3月 »