« 2019年12月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月

2020年3月25日 (水)

たとえ世界が混乱しても

  『今、生きてあるその「今」を悦ぶべし』(続々甘露の法雨)という言葉が今朝浮かんできました。
  その深い意味を改めて思いました。
  兼好法師も『存命の喜び、日々に楽しまざらんや』(徒然草)と言われました。
  さあ今日は何しよう。
  クラフトしようと、夫からリクエストされていたマスクに挑戦。Img_5755jpg
  救急箱のガーゼとガーゼふきんを出してきて、完成品を参考に見よう見真似で作りました。
  良い模様の日本手ぬぐいがあったので、それにも挑戦しましたが、重ねると生地がぶ厚くなり、ミシンの針が曲がってしまい失敗。
  結局2枚しかできませんでした。
  孫ちゃんにも作ってあげたかったのに、残念でした。
  今日は良いお天気だったので、ベッドのシーツと布団カバーを洗い、ベッドパットと布団を干しました。
 Img_5748jpg Img_5759jpg  ベッドを移動させて、丁寧掃除もしました。
  手作りおやつとおうちごはんもいつも通り。
  お彼岸におはぎを作りましたが、その時のあんこが少し残っていたので、冷凍してあった栗を入れて、プリン型で小さな栗蒸し羊羹を作りました。
  Img_5751jpg Img_5757jpg 玉ねぎをゆっくり炒めて、ニンニク、ショウガ、セロリ、カレー粉、クミン、ターメリック、カルダモンなどの香辛料、トマト水煮缶、リンゴすりおろし、ヨーグルトなど入れて、カレーを作りました。
  午後の暖かい日差しの中、この冬初めてダウンコートなしでウォーキング。
 Img_5726jpg Img_5744jpg  澄んだ青空の中、飛行機が飛んでいくのが見えました。
  あの高いところで沢山の人が乗っているのだと思うと、地上から眺めている私は少し不思議な気がします。
  森の中ではマスクもなく、いつも通りの当たり前の日常が過ぎていきます。
  けれども、様々な行事はできません。
  だからこそ感謝の思いで、「今」を悦び、楽しまざらんやを日々実行しています。
  そんな人々の輪が広がりつつあることは、うれしいです。、
  
  

| | コメント (1)

2020年3月 9日 (月)

オンライン誌友会について

この度新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための措置として、4月1日まで誌友会の開催が中止されました。

その緊急対応として、オンライン誌友会の開催をお願いしています。

以下に開催方法などを表示しますので、可能な方は積極的にオンライン誌友会をFBやLINEで開催いただくよう、お知らせいたします。

 

オンライン誌友会の開催方法.pdf

 

| | コメント (0)

« 2019年12月 | トップページ | 2020年4月 »