2020年6月19日 (金)

動画「朴葉寿司作りました」の舞台裏

 岐阜の方から数年前に朴葉を送っていただいたことは、エッセイなどに書きました。
 その時初めて、岐阜地方では初夏の朴葉の葉がしっかり成長した時期に、朴葉寿司を作ることを知りました。
 作り方がわからなかったので、ネットで検索して、初めて朴葉寿司を作りました。
 夫は柿の葉寿司などが好きなので、朴葉寿司も喜びました。
 自然の素材を使うところも気に入ったのだと思います。
 そこで私たちは、家のそばにも朴葉はないかと探しました。
 するとやはり近くに、大きな朴の木を見つけました。
 秋になると、しっかりした大きな葉を落とすので見つけやすいのです。
 家にも植えたいと思い探すと、実生の朴の木を見つけました。
 高さは50センチくらいで葉も2枚か4枚くらいしかついていないものでした。
 育たないかもしれないけれど、試しにと植えました。
 冬になると葉を落とし、細い棒がたているようで、何とも心許ないものでした。
 雪が積もれば倒れるのではないかとも思われました。
 けれども春になったら、しっかり生きていて、新しい葉を出しました。
 そして3年目の今年は大きな葉を30枚前後つけました。
 朴の木は下駄の材料になるそうですが、それだけ軽くて成長がはやいのでしょうか。
 先日大きな葉をつけた朴の木を見て、今年は朴葉寿司ができると思いました。
 月曜日、今日は朴葉寿司を作って夫を驚かせようと思いました。
 そのためには早めに作らなくてはなりません。
 けれども締め切りの原稿などを書いていたら遅くなり、夫が帰ってきたときには、私は薄焼き卵を焼いていました。
 お帰りなさいと迎えて、家に入ってきた夫は調理台の上に置いてある朴葉を見つけました。
 「朴葉寿司を作るの」と聞いてきました。
 「じゃあ、動画撮らなくちゃ」と言います。
 私は慌てて、「そんなつもりはなかったから台所はごちゃごちゃよ」というと、それがいいといいます。
 髪もぼさぼさでしたが、「手元しかとらないから」というので、まあ試しに撮るだけかもしれないからと、そのまま作業を続けました。
 そしてできたのが、今回の「朴葉寿司作りました」の動画です。
 私は自己流で、柿の葉寿司や笹寿司をイメージしてタコ糸で結びましたが、岐阜の方はただ葉を半分に折るだけだったり、爪楊枝で止めるそうです。
 次回はそのように作りたいと思います。
 Img_e8142jpg ちなみに今回のお寿司は、二人分なので、お米を一合炊いて、地元の市場で買った淡竹(細長いタケノコ)と干しシイタケの煮もので、ちらしずしを作り、上に錦糸卵、グリンピース、しめ鯖、梅酢ショウガをのせました。
 7個のお寿司ができました。
 朴葉が身近にある方は、お勧めします。
 目先が変わって、楽しいです。

| | コメント (2)

2020年4月30日 (木)

コロナバスターズリレー

 少し前のこと「黄色の布地ない」と夫が聞いてきました。
 また何を始めるのかしらと思いましたが、以前に濃い黄色のオフィス型のクッションを作った残り布のことを思い出し、「あると思う」と答えました。
 ところが、あるにはありましたが、ほんの切れ端で何かに使える大きさではありません。
 「何に使うの」と聞くと、「黄色いハンカチだよ」との答えでした。
 「あら、幸せの黄色いハンカチ?あれは元々アメリカの話なのよね」
 Img_6512jpg   「黄色いハンカチを目印にして自転車のリレーをしようと思って」
 本当にいつも、人があまり考えないようなことを、次々思いつく夫です。
 「黄色い布、黄色い布」と考えていて、「ああそういえば」と思いつきました。
  和箪笥に着物を仕舞っていますが、着物を包んでいる晒し布が黄色だったことを思い出したのです。
  箪笥を開けてみると、黄色の布の予備が2枚ありました。
  「ピッタリの生地だね」と夫は言い、6枚に切ると12枚できる大きさでした。
  黄色い布はそうあるものではないので、希望者にあげるためです。
  新型コロナウイルスの拡大防止のため、人が集まるPBSのミニイベントができません。
  その代替として、夫は自転車のリレーを考えたようです。
  Img_6536jpg それもただのリレーではなく、コロナウイルスの収束を願ってのリレーで、参加を表明した人は自分の家に黄色いハンカチを掲げ、できればコロナバスターのマークも旗に入れます。
  また、バトンは夫が木で作った観世音菩薩棒です。
 Img_6542jpg  コロナバスターのマークが入ったバッグの中に観世音菩薩棒を入れて、次の人にバッグごと渡すというのがこのリレーです。
  これはオフィスの職員間のイベントです。
  オフィスの職員寮は8か所にありますが、まず最初の人が自転車でどこかの寮を目指し、黄色い旗のある家にバッグ入りの観世音菩薩棒をかけていきます。
  こうすれば、人と接触せずにリレーができます。
  菩薩棒が届いたことに気が付いた人は、自分の可能な時間を見計らって、次のどこかの寮を目指すのです。  近いところでも、遠いところでも自由に選べ、あらかじめ決められたコースではなく、どこにくるかわからないところも意外性があっていいと思います。
  すでにバトンを受けた人は、FB上で終わったことを知らせるので、それ以外のところに行きます。
  ですから最後はお隣だったり、とても離れた坂の多い道かもしれません。
  また次々参加表明があれば、コースもそれに従って変わって来ます。
  このリレーは終わりがなく、一巡すればまた違うコースを選びずっと続けられます。
  今回のように人との接触をできるだけ減らさなければならないときに、リレーを通じて人とのつながりが感じられ、また自転車に乗る楽しさも味わえて、なかなか良い企画だと思います。
  自転車に限らず、様々な分野で工夫しながら、有意義で楽しい時間を持ちたいですね。
  きっと色々なアイデアが生まれてくるのではないかと期待しています。

| | コメント (1)

2020年3月25日 (水)

たとえ世界が混乱しても

  『今、生きてあるその「今」を悦ぶべし』(続々甘露の法雨)という言葉が今朝浮かんできました。
  その深い意味を改めて思いました。
  兼好法師も『存命の喜び、日々に楽しまざらんや』(徒然草)と言われました。
  さあ今日は何しよう。
  クラフトしようと、夫からリクエストされていたマスクに挑戦。Img_5755jpg
  救急箱のガーゼとガーゼふきんを出してきて、完成品を参考に見よう見真似で作りました。
  良い模様の日本手ぬぐいがあったので、それにも挑戦しましたが、重ねると生地がぶ厚くなり、ミシンの針が曲がってしまい失敗。
  結局2枚しかできませんでした。
  孫ちゃんにも作ってあげたかったのに、残念でした。
  今日は良いお天気だったので、ベッドのシーツと布団カバーを洗い、ベッドパットと布団を干しました。
 Img_5748jpg Img_5759jpg  ベッドを移動させて、丁寧掃除もしました。
  手作りおやつとおうちごはんもいつも通り。
  お彼岸におはぎを作りましたが、その時のあんこが少し残っていたので、冷凍してあった栗を入れて、プリン型で小さな栗蒸し羊羹を作りました。
  Img_5751jpg Img_5757jpg 玉ねぎをゆっくり炒めて、ニンニク、ショウガ、セロリ、カレー粉、クミン、ターメリック、カルダモンなどの香辛料、トマト水煮缶、リンゴすりおろし、ヨーグルトなど入れて、カレーを作りました。
  午後の暖かい日差しの中、この冬初めてダウンコートなしでウォーキング。
 Img_5726jpg Img_5744jpg  澄んだ青空の中、飛行機が飛んでいくのが見えました。
  あの高いところで沢山の人が乗っているのだと思うと、地上から眺めている私は少し不思議な気がします。
  森の中ではマスクもなく、いつも通りの当たり前の日常が過ぎていきます。
  けれども、様々な行事はできません。
  だからこそ感謝の思いで、「今」を悦び、楽しまざらんやを日々実行しています。
  そんな人々の輪が広がりつつあることは、うれしいです。、
  
  

| | コメント (1)

2020年3月 9日 (月)

オンライン誌友会について

この度新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための措置として、4月1日まで誌友会の開催が中止されました。

その緊急対応として、オンライン誌友会の開催をお願いしています。

以下に開催方法などを表示しますので、可能な方は積極的にオンライン誌友会をFBやLINEで開催いただくよう、お知らせいたします。

 

オンライン誌友会の開催方法.pdf

 

| | コメント (0)

2019年12月15日 (日)

津市に行ってきました。

 三重教区、奈良教区共催の講習会で、三重県の津市に行ってきました。

 土曜日、日曜日共に暖かい良いお天気に恵まれました。

 ちょうど紅葉が美しい時期で、街路樹の銀杏や公園のもみじが目を楽しませてくれました。

 ここ三回か四回、津では同じところに泊まっています。

 かつては賑わったと思われる、津市の大門というところで、前回まではアーケードのあるシャッター通りでしたが、今回アーケードが取り払われていました。

 以前あった八百屋さんはタックスフリーショップになっていて、洋菓子店も団子屋さんもなくなっていました。

 Img_4526jpgtu 老人の憩いの場所も姿を消していました。

 そうなると、以前の賑わいの形跡はほとんど感じられず、閑散とした商店街という印象を受けます。

 Img_4522jpg アーケードがあった時代を知らない人が見たら、ぱらぱらと店のある特徴のない所と思うかもしれません。

 社会の変化と共に町が変わっていくのは、東京の原宿で常に経験したことでしたが、それは華やかな変化でした。

 Img_4534jpg 津の場合は、Img_4541jpg 衰退しているように見えて、少し寂しさを感じます。

 けれどもそんな中で、新しく開店した店もあり、二軒の音楽系の専門店が残っていたのも、明るい兆しかもしれません。

 師走の忙しい時期にもかかわらず、三重教区、奈良教区の皆さんは、熱心に推進活動をしてくださり、多くの方がご参加くださいました。
ご活躍Img_4536jpg
講習会の控室には、季節の花や木の実を飾っていただきました。

 早や、ネコヤナギもありました。

 三重教区、奈良教区の皆さま、お世話になりました。

 ありがとうございました。

| | コメント (3)

2019年12月 8日 (日)

岡山市に行ってきました

 岡山教区、兵庫教区共催の講習会で、岡山市に行ってきました。Img_4463jpg

 岡山市の中心地で講習会が開催されるのは、私は初めての経験でした。

Img_4468jpg  私の住んでいる山梨県、北杜市はもうすでに紅葉は終わり、冬枯れの景色になっています。

 けれども岡山は、まだ紅葉が美しく、朝夕は氷点下の気温になる北杜市から到着すると、とても暖かく感じられました。

 もっとも岡山の方は、私たちが新幹線で岡山駅に着いたとき、今日は寒い日になりましたと言われました。Img_4476jpg

 それだけ気温の差があるのだと思いました。

Img_4483jpg   岡山は「晴れの国」と言われ、晴天の日が多いそうです。

 そんな岡山でも、昨年の西日本豪雨では、倉敷市の真備町を中心に災害に見舞われました。

 「ここだけは大丈夫」と油断してはいけないことを学んだと、現地の方は言われていました。Img_4479jpg Img_4474jpg  

 身近に災害のないところはなく、災害の話が話題に上ることが多くなりました。

 普段の備えを怠らず、温暖化を抑制する生活の必要性が益々高まっています。

 明るい心で、生かされていることに感謝し、楽しく生活していきたいとあらためて思いました。

 控室には、岡山、兵庫両教区の皆さんの手作り品を沢山飾っていただきました。

 地に足の着いた、確かな生活の成果がうかがえました。

 岡山教区、兵庫教区の皆さま、お世話になりました。

 ご活躍いただき、ありがとうございました。

| | コメント (2)

2019年11月10日 (日)

上田市に行ってきました

 長野教区、山梨教区共催の講習会で、長野県の上田市に行ってきました。Img_3972jpg
 上田市がメイン会場になるのは、初めてのことでした。
Img_3987jpg  この会場が決まるまでには、大変時間がかかり、これまで使用した会場は全て先約があり、会場を確保することができなかったそうです。
 Img_3974jpg そしてようやく決まったのが、上田市の会場でした。
 ところが、予約の取れなかった会場は、台風19号で被害を受け、みな使用できない状態になっているそうです。
 結果的には、会場確保に苦労したけれど、上田市の会場でよかったとのことです。
 Img_3973jpg そんなこともあるのかと、親和の法則のことなども思い、興味深くお聞きしました。
 上田市はそれほど大きな被害はなかったそうですが、上田電鉄別所線の千曲川にかかる橋梁が落ちて、上田から下之郷の間が現在不通になっています。
 宿泊した上田のホテルから、崩落した橋梁が見えました。
 千曲川の氾濫により、長野県では各地に被害が及んでいますが、そんな中でも無事に講習会が開催され、各会場に多くの皆さんがお集まりくださいましたことは、大変ありがたいことでした。
 Img_3993jpg 上田市には、駅近くに上田市立美術館があります。
 近いところにあったので、行ってみました。
 広い敷地で、中はゆったりとした余裕のある空間で、各所にテーブルと椅子が設置され、自由に使えるようになっています。
 多くの若者がその場所を使い、1人あるいは数人で勉強をしていました。
 Img_3996 外の広場では、子供連れの若いお母さんが5,6人いて、子供と一緒に遊んでいました。
 市民に愛され、有効活用されている美術館であるとの印象を持ちました。
 このような文化が育つ町は、どうすればできるのだろうかと思いました。
 講習会の控室には、ラベンダーのにおい袋や長野の名産かりんなどを飾っていただきました。
Img_4001jpg  素敵にアレンジされたカゴには、南天がきれいでした。
 長野教区、山梨教区の皆さま、お世話になりました。
 ご活躍いただき、ありがとうございました。

| | コメント (1)

2019年11月 5日 (火)

復興支援継続

 10月半ばに日本列島を襲った台風19号は、関東から東北地方にかけて甚大な被害を及ぼしました。Img_3632jpg
 山梨県は一人の死者もありませんでしたが、JRの中央線と中央自動車道で土砂崩れなどの被害がありました。
 中央道は全線開通まで約1週間かかり、中央線は特急が10月末まで不通になり、人の移動や流通に大きな被害をもたらしました。
 台風の約1週間後の10月20日、21日には森の中のオフィスでフェスタが行われる予定でした。
 台風による被害は各地に及び、とりわけ隣県の長野県は千曲川の決壊で、大混乱を来していました。
 フェスタの目的は、自然の恩恵に感謝し、その恵みを人々と分かち合おうというもので、いわば一種のお祭りです。Img_3643jpg
 何事もない時には、感謝の思いでお祭りをすることは、何の問題もなく良いことです。
 けれども今回のような非常事態には、フェスタをするよりも、復興支援をすることの方が重要ではないかとの判断に至りました。
 そしてフェスタが予定されていた20日、21日の2日間、本部職員は災害ボランティアに行くことになりました。
 Img_3636jpg 長野に約50人、福島に約30人、残りの職員は後方支援に回りました。
 夫と私も、長野のグループに加わり、長野県で被害が大きかった長野市の穂保地区の大きな農家の泥出しなどのお手伝いをしました。
Img_3647jpg  ほとんどの職員が初めての経験でしたが、実際に災害の惨状を目にし、地球温暖化の影響を切実なものと感じたことと思います。
 自然災害とか天災という言葉を使う人もいますが、これらは温暖化が及ぼす人災ですから、1人1人が自分の生活を変えていく必要があります。
 そのことを1人でも多くの人が気づき、実際の行動に結びつくように願わずにはおれません。
 Img_3638jpg 復興支援のボランティア活動は、その後も全国に参加者を募り、継続的に行われています。
 今後も災害が予想されますから、準備を怠らず、自然と人間の大調和を祈りつつ、行動に繋げたいと思います。

| | コメント (0)

復興支援継続

 10月半ばに日本列島を襲った台風19号は、関東から東北地方にかけて甚大な被害を及ぼしました。Img_3632jpg
 山梨県は一人の死者もありませんでしたが、JRの中央線と中央自動車道で土砂崩れなどの被害がありました。
 中央道は全線開通まで約1週間かかり、中央線は特急が10月末まで不通になり、人の移動や流通に大きな被害をもたらしました。
 台風の約1週間後の10月20日、21日には森の中のオフィスでフェスタが行われる予定でした。
 台風による被害は各地に及び、とりわけ隣県の長野県は千曲川の決壊で、大混乱を来していました。
 フェスタの目的は、自然の恩恵に感謝し、その恵みを人々と分かち合おうというもので、いわば一種のお祭りです。Img_3643jpg
 何事もない時には、感謝の思いでお祭りをすることは、何の問題もなく良いことです。
 けれども今回のような非常事態には、フェスタをするよりも、復興支援をすることの方が重要ではないかとの判断に至りました。
 そしてフェスタが予定されていた20日、21日の2日間、本部職員は災害ボランティアに行くことになりました。
 Img_3636jpg 長野に約50人、福島に約30人、残りの職員は後方支援に回りました。
 夫と私も、長野のグループに加わり、長野県で被害が大きかった長野市の穂保地区の大きな農家の泥出しなどのお手伝いをしました。
Img_3647jpg  ほとんどの職員が初めての経験でしたが、実際に災害の惨状を目にし、地球温暖化の影響を切実なものと感じたことと思います。
 自然災害とか天災という言葉を使う人もいますが、これらは温暖化が及ぼす人災ですから、1人1人が自分の生活を変えていく必要があります。
 そのことを1人でも多くの人が気づき、実際の行動に結びつくように願わずにはおれません。
 Img_3638jpg 復興支援のボランティア活動は、その後も全国に参加者を募り、継続的に行われています。
 今後も災害が予想されますから、準備を怠らず、自然と人間の大調和を祈りつつ、行動に繋げたいと思います。

| | コメント (0)

2019年9月29日 (日)

神奈川教区、静岡教区共催の講習会で、厚木市に行ってきました。

Img_3399jpg  神奈川教区、静岡教区共催の講習会で、厚木市に泊まりました。
 

 講習会のメイン会場は、伊勢原市でした。
 

 今回の講習会は、神奈川教区9会場、静岡教区4会場で、合計13会場での開催となりました。
 

 Img_3402jpg これだけの数になると、各会場の運営委員の数も多くなり、大変だったと思いますが、それぞれの会場の運営もスムーズに行われたようでした。
 

 幸い、お天気も味方してくれ、週末は雨となっていましたが、時折薄日も差す穏やかな秋の好天となりました。 

 厚木市は、人口22万の都市で、山梨県の北杜市から来ると、首都圏の都市というのは、集合住宅も個人の家も商店も隙間なく繋がっていて、本当に人口が集中しているところなのだと改めて思います。
 

 Img_3407jpg 繁華街に行くと肉料理の店がやたらと目立ち、これはどうしたものかと思わずにはいられませんでした。
 

 今日の講習会の質問の中に、「人生の光明面を見る日時計主義では、夜家にカギをかけないのでしょうか」というのがありました。
 

 Img_3411jpg 総裁は、現象と実相を混同してはいけないこと、現象の世界には悪もあれば、泥棒も強盗もいるので、家には鍵を掛けますというように答えました。
 

Img_3409jpg  肉食の弊害を訴えている私たちは、肉の消費が増え続ける現実があっても、信じることを伝えていかなくてはならないと思いました。
 

 講習会の控室には、手作りのブローチやフクロウ、折り鶴の木などを飾っていただきました。
 

 Img_3405jpg お花はトルコキキョウが優しい雰囲気でした。
 

 神奈川教区、静岡教区の皆さま、お世話になりました。
 

 ご活躍ありがとうございました。、

| | コメント (2)

より以前の記事一覧