2009年11月27日 (金)

ごまだれ鯖ずし

Pb270015  皆さまには、沢山お祝いのメッセージをいただき、ありがとうございます。

 本当は、今日が結婚記念日なので、夕食は夫の好物のサバ寿司を作りました。

 といっても、このサバ寿司は、初めて作ってみました。

 先日、神戸に行ったときスカイマークに乗りましたが、その時機内誌にレシピがのっていました。おいしそうだったので、メモをしていつか作ろうと思っていました。そのためにサバも今週の月曜日の宅配で、届いていました。

 材料

  サバ文化干し  1枚

  ご飯        1合

  大葉        1枚

  紅ショウガ    大さじ二分の一

  酒         大さじ1

    ゴマだれ   ねりゴマ大さじ1 いりゴマ大さじ1 酒大さじ1 みりん大さじ二分の一 

          しょうゆ大さじ二分の一

  すし酢    酢40CC 砂糖大さじ1と二分の一 塩小さじ二分の一

  1、サバをテフロン加工のフライパンで、油をひかず皮目から両面焼き、焦げ目がついたら酒を加え、2~3分蒸し焼きにする。

  2、ゴマだれの材料を、胡麻以外ラップをせず、レンジで30秒加熱し、炒りごまを入れてよく混ぜる。

  3、サバの両面にゴマだれをぬっておく。

  4、合わせ酢の材料をラップせず、レンジで30秒、ご飯に混ぜ、大葉、紅ショウガを入れる。(大葉がなかったので、柚子の皮のみじん切りを入れました。紅ショウガもみじん切り)

  5、巻き簾にラップをし、サバを皮目を下にして置き、ご飯をのせしっかり包む、二か所輪ゴムで止め、一時間以上置く。

  何とかできましたが、ゴマだれの味が強すぎてサバや柚子の香りは、あまりしませんでした。また、文化干しなので、塩がきいていて、味も少し濃かったです。

  ゴマだれは半量くらいで、お醤油も香り程度でよいと思いました。

  でも手軽にできる、焼きさば寿司でした。

Pb270008 Pb270010 Pb270011 Pb270013

   

| | コメント (1)